グルコサミンサプリメント比較ランキング!効果のあるのはコレ

グルコサミンの効果と注意点

私たちの体の中でも作られているグルコサミンですが、グルコサミンは、関節部分に有る軟骨成分を作るために必要な成分です。

 

ですが、激しい運動や年齢とともに、軟骨が減ってきてしまいます。

 

軟骨成分を作るのにかかせないグルコサミンは、年齢が若い時には例えん軟骨成分が減るという状態になっていてもそれを補いようなかたちで生成する為、軟骨が極端にすり減るという事はありませんでした。

 

ですが、年齢とともに、生成の速度も追いつかず、すり減る確率の方が高くなり、関節が痛み出すという自体になります。

 

 

 

これが、加齢とともに現れ出す慢性的な関節痛の原因なのです。

 

グルコサミン比較ランキング※効果のあるサプリメントは?http://www.apuintyspanishschool.com/

 

ですから、年齢とともに生成されにくくなるグルコサミンをサプリメントとして取り入れる事が、関節痛対策にお勧めです。

 

 

 

もちろん食品からもグルコサミンを接種する事ができますが、1日の食事量から必要な分だけのグルコサミンを摂取する事は非常に難しいのです。食品から吸収出来るグルコサミンも非常に少ないのですが、日々の食生活にグルコサミンを多く含む食品を取り入れることは良いことですので、食品でも取り入れつつなおかつ、サプリメントで足りない分を補うのが一番良いと思います。

 

 

 

ただ、グルコサミンのサプリメントに注意が必要です。グルコサミンのサプリメントはかにやエビを原料としている商品が主な為、アレルギーをお持ちの方は利用を控えてください。

 

 

 

また、サプリメントはあくまでも補助的な物です。

 

我慢をしない程度にサプリメントを上手に利用し、辛い痛みがある場合は、病院を受診しましょう。

 

 

 

また、関節痛が自分はひどいからと言って、必要以上のサプリメントを摂取しないようにしてください。副作用が起こる可能性がありますので、薬同様に用法用量は正しく守りましょう。

関節痛に悩んでいます

7年前くらいに、仕事中に手首を捻挫してしまいました。

 

何ヶ月か接骨院に通い、電気を流したり温熱療法で治療を受けました。そのおかげで、捻挫は治りました。

 

しかし、痛めた箇所はクセになってしまうらしく、

 

それ以来、ふとした拍子に痛みがぶり返してしまうことがよく起こるようになりました。

 

例えば、水道の蛇口をひねった瞬間に、手首のスジが伸びてしまうような感覚になり、痛みが走ることがよくあります。

 

手を床についた瞬間に激痛が走ることもありました。

 

また、何もしていなくても急に手首が腫れて痛み出すこともあります。きっと知らないうちに手首に負担をかけてしまったのだろうと思います。

 

手首が痛くなってしまった場合は、保冷剤で冷やしたりしています。

 

接骨院に通っていたとき、痛む部分をかばってあまり動かさないようにしていると、痛めた部分が固まってしまうと言われたので、痛いからといってガチガチにテーピングして動かさないようにするのは良くないそうです。

 

捻挫や骨折をした直後でものすごく腫れている場合は動かさないようにしたほうが良いですが、昔痛めた箇所が関節痛になっている場合は、適度に動かしながら痛みと上手く付き合っていくほうが良いようです。

育児による関節痛

育児中はそれまでの生活と一変して、常に重みのある我が子を抱いて過ごすようになります。自宅にいる間は子供を寝かせて置けますが、買い物に出る際には抱っこしなくてはなりません。

 

 

 

私の子供がまだ乳児だった頃は2階建てアパートの2階の部屋に住んでいました。ほぼ毎日子供を抱いて買い物などに出かける生活を送っており、どんどん重くなっていく子供を抱いてアパートの階段を上り下りする日々が続きました。

 

 

 

子供の成長は目を見張るものがあり、毎日抱いているとあまり気付きませんが、急激に体重が増えていきます。

 

そして日ごとに重くなる子供の負荷が限界を超えたのか、アパートの階段を上り下りする際に膝に痛みを感じるようになりました。

 

子供を抱いていないときはあまり痛みを感じませんでしたが、子供を抱えている時に階段を上り下りすると膝に鋭い痛みが走ります。それでも子供を放り出すわけにはいかないので痛みをこらえて階段を使う状態でした。

 

 

 

おそらく毎日の育児による負荷がかかったことによる関節痛だったのだと思います。その頃は手にも若干の痺れがあり、こちらは手根管症候群だと診断を受けていました。

 

毎日子供を抱えて過ごすのは、怠けた体に大きな負担を与えるようです。

 

それでもこれらの関節痛は育児の勲章だと思ってやり過ごしましたが、育児中に関節痛に見舞われたら出来るだけ早く医療機関を受診して的確な処置を行った方が良いと思います。育児中に関節を使わないというのは無理なので、放置すると症状がひどくなってしまう可能性もあります。